LOLワイリフの魅力とは?プレイしたレビューを紹介

LOLをスマホで楽しみたい

実際LOLワイルドリフトって面白いの?

という人のために『LOLワイルドリフト』を実際にプレイしてレビューしてみました。

ゲームの魅力、序盤攻略方法、課金アイテムについてまとめたので、記事を読むとよりゲームを楽しめます!

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
開発元:Riot Games
無料
posted withアプリーチ
この記事を書いた人

じぇりー

  • ソシャゲ歴10年のOLゲーマー
  • LOLワイルドリフトを毎日プレイ
  • 日々面白いスマホゲームを開拓中
目次

『LOLワイルドリフト』の概要

『LOLワイルドリフト』は世界中で大ヒットしている対戦ゲーム『リーグオブレジェンド』のスマホ版です。

アプリとして再設計され、LOLならではの熱い戦いをスマホさえあれば簡単に楽しむことができます。

LOLはプレイヤーが2チームに分かれて味方と協力しながら敵チームの本拠地を狙うという分かりやすいゲームです。

『LOLワイルドリフト』の魅力をご紹介!

キャラクターの種類が多く自分に合うキャラを見つけやすい!

2024年1月現在で『LOLワイルドリフト』のキャラクター数は110体

見た目もスキルも多種多様なので、自分に合うキャラクターを選んでプレイすることが出来ます。

更にそれぞれのキャラクターの生い立ちが細かく設定されているので、そのストーリーを楽しめるのも魅力の1つです。

じぇりーはフロムを使ってるよ

プレイ人口が多い

『LOLワイルドリフト』は昨今のLOLブームのお陰もあってプレイヤ人口は増えているそうです。

国内外のプレイヤーとマッチ出来るので「マッチするまので時間が長すぎる」ということもなく快適に遊べます。

試合時間が短く手軽に遊べる

PC版のLOLは1試合にかかる時間が30~45分と長いですが、『LOLワイルドリフト』は1試合15~30分程度なので隙間時間で手軽に遊べます。

『LOLワイルドリフト』の序盤の内容をご紹介!

初心者向けミッションをクリアする

キャラクターの中でも人気の高いエズリアルが「エズリアルのバトルアカデミア」と題してミッションやルールについてクイズ形式で質問を投げかけてきます。初心者も復帰勢もシステムやルールを再確認するにはもってこいのイベントです。

ミッションを全てクリアすると「ブルーモート」と呼ばれるチャンピオンを購入時に必要となるゲーム内通貨や「ランダムチャンピオンチェスト」といったアイテムをゲットできるので、初心者にはおいしいイベントです。

初心者向けゲームモードで練習する

『LOLワイルドリフト』はゲームモードが豊富に用意されていますが初心者におすすめのモードはノーマルモードの「対人戦」です。

「対人戦」はシンプルにゲームを楽しむことができます。5対5の対人戦ですが人数が足りていない場合はNPCが追加されます。またBAN機能などはついていないので、練習したいチャンピオンを実戦で試すのにぴったりなモードです。

ただし、ランクという縛りがないためプレイヤーの強弱が目立つことが多いので注意です。また途中退席やトロール行為などにはペナルティがかされるので、気軽に抜けたりはできません。

『LOLワイルドリフト』の課金アイテム

『LOLワイルドリフト』の課金通貨はワイルドコアです。

課金要素について簡単に解説します。

ワイルドパス

ワイルドパスは試合をこなしてレベルを上げていくことでアイテムや限定スキンをゲットすることができます。

キャラクタースキン

キャラクタースキンを購入すると各チャンピオンたちの衣装やスキルのエフェクト等を変えることができます。

キャラクタースキンにもランクがあり、レアリティが高いものはオレンジ色のティアマークで表示されています。

キャラクタースキンは本家のサモナーズリフトでお馴染みのものから「LOLワイルドリフト」独自のものまであり、それぞれにストーリーも存在しているのでお気に入りのチャンピオンができたら購入してみると、更にゲームを楽しむことが出来ます。

戦利品チェスト

戦利品チェストとは「へクステックッキー」という課金アイテムを使うことのできるガチャです。

チェストを開けるたび一定確率でアイテムやスキンやアイテムと交換することのできるオレンジジェムストーン等が出現します。

コンパニオン

パッチ5.0から導入された新要素です。

コンパニオンはおまけ的な要素で、試合中にチャンピオンの後ろについて周り、プレイヤーを応援してくれます。

デザインも可愛いものが多く、ランクマッチにも連れてきている人をよく見かけます。

ポーズ

チャンピオンたちのピックを終えた後、対戦の準備画面でとることのできるポーズエモートのことです。これはスキンごとに違うものが用意されているのでスキンと一緒に購入することをお勧めします。

まとめ

昨年の6月には国際大会「Icons」も開かれた『LOLワイルドリフト』。

現在もイベントや新キャラが続々と追加されて、ますます目が離せないゲームになってきています。

ソロで戦うもよし、仲の良い友達とフルパーティーを組むもよし。

本家のサモーナーズリフトを手軽に勉強したい方にもおすすめです。

気になった人はぜひ一度遊んでみてね↓

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
開発元:Riot Games
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

南国に住んでいるOLゲーマー20↑

フロムしか勝たん

ワイリフの他にも実際にプレイして面白かったゲームをレビューしてます

コメント

コメントする

目次